Bird Education

鳥さんのイロハ

フォレイジングって何ですか?


Surroundings for the bird

フォレイジングというのは簡単に言えば餌を探したり、選んだりする行動のことを言います。

野生の動物達にとって食物や獲物の探索・狩猟・捕獲・摂食などは生きる為に必要不可欠であり、本能的な行動とも言えます。
実は我々人間もフォレイジングをしています。
例えば買い物に行くとしたら、メニューを考え、安い店を探したり、好きなブランドを探したり、新鮮な果物、野菜、肉、その他を考えながら根気強く探しまわってショッピングカートのなかに、食物を入れますよね?

・・・どれにしようかな?

・・・どれにしようかな?鳥達も、野生の環境では水や木の実や食べ物をさがすために池や川などに行ったり、実の生っている木を探したり、種子の生っている穂を探し、その穂を崩し、ほじくり出したり、ミネラルを補給するために岩場に行って土や岩をほじくり出したりと、生きる糧である食べものをさがすために忙しく飛び回ったり歩き回りながら地面をつついているのです。
これを鳥の行動学では『フォレイジング』といいます。

野生の環境では、実に日中の50〜70パーセントを食餌の探索に費やしているといわれています。

あなたの家の鳥さんもテーブルや床など平らな所にいる時、地面や壁や障害物をツンツンつついたり、小さい穴やくぼみをほじったりしながら歩き回っていませんか?

それがフォレイジングです! 野生下では退屈するひまはありません!



なぜフォレイジングが必要なのでしょうか?

突然食器に変なものが・・・!!私のごはんは何処・・・!?

述したように野生の環境で、鳥達は1日の大半を食餌探しに費やします。
ですが飼い鳥たちはどうでしょう?

常に目の前には水と食餌が用意されており、探す必要がまったくありませんよね?つまり本来は半日以上を費やしているフォレイジングがなくなったら、その空いた時間をどうやってつぶすのでしょう??

鳥の基本的な行動は
 ̄のケア(毛づくろい)
⊆匆餮鯲(飼い主さんや他の鳥との交流や求愛)
食餌探索及び摂食(フォレイジング)
この3つからなり、本来はこれら3つのバランスを保っていなければなりません。

3つのバランス

<例えば ̄のケアが過剰になると・・・>
毛引きをし始めることがあります。本当にひどい場合は自分の皮膚や筋肉までをもかじってしまうことがあります。
これは△亮匆餮鯲が減る =「いつも相手をしている飼い主さんとの交流が減った」 =「一緒に生活していた他の鳥がいなくなってしまった。」などが原因でももちろん毛引きをし始めることがあります。

<例えば⊆匆餮鯲が過剰になると・・・>
過剰な発情を引き起こし、雄ならば愛情給餌(ラブゲロ)の回数が異常に増え、そのう炎や摂食量の低下を引き起こすことがあります。雌ならば、産卵の回数が異常に増え、これにより栄養障害や卵詰まりを引き起こすことがあります。
また、金切り声や過剰な発声などが増えたりすることもあります。これらの問題が起こる前に、身体的にも精神的にも良い刺激を与えるという意味でも鳥たちにとって『フォレイジング』は、非常に大切な鳥の自然な行動なのです。

『フォレイジング』がいかに大切な鳥の行動かご理解いただけたでしょうか?

ではどうしたら良いのでしょう?

・・・ではどうしたら良いのでしょう?<答えは簡単です。

☆フォレイジングの機会を飼い主さんが増やしてあげればいいのです! ☆

隅々に さまざまな餌をおいてみたり、位置を定期的に変えてみたり、好きなフードが食べられるようになる までに何かひと手間かかるような仕掛けを用意してみたり、ニュートリフォレイジやバードブレッドなどの フォレイジングトリーツ(探索行動のためのおやつ)を足してあげるなど、今いる単純でたいくつな環境を、 テーマパークへ変えてあげてください!

重要なのは鳥達が『楽しんで』フォレイジングできる環境を作ってあげるということです。

※もちろん鳥達の中には変化のない環境に慣れすぎて、急激に環境を変えるとストレスを感じて体調を崩すこともありますので、精神的にデリケートな鳥さんの場合は、遠くに置いた状態から少しずつ慣らし近づけてゆく、ケージの外に出た時に少しずつ見慣れるように慣らしていくなど、 徐々に段階を踏んでゆきましょう。

鳥や動物に関するご相談/飛翔に関してのご質問

TEL : 045-840-3602

(水曜、日曜を除く9時〜18時まで)

メールでのご質問・お問い合わせ :お問い合わせお問い合わせフォームへ

TOPへ